よくわかる原子燃料サイクル
原子燃料サイクル

原子力産業で分析業務を専門とする企業です。

当社は、日本原燃㈱が100%出資して2008年1月に設立された、原子力分野の分析業務を専門とするユニークな会社です。熟練した分析技能者を安定的に確保するとともに、優秀な技術・技能者の育成を目的としています。当社社員は、業務を通じて熟練社員から技術を習得し、技術の高度化を図っています。また、再処理関連施設(高レベル廃液ガラス固化施設、MOX燃料工場)の運転支援業務については、自社業務として日本原燃㈱より直接受注しています。


使用済燃料の再処理を、高精度な分析で支援します。

再処理工場は、核燃料物質と核分裂生成物質を含む化学プラントです。当社の再処理分析部の社員は、各工程で発生するウラン、プルトニウム等の核物質と核分裂生成物の試料を速やかに分析することで、工場の「健康状態」を評価し、運転状況の把握、核物質管理、製品品質、異常事象の原因究明などに貢献しています。

戻る