募集要項 配属までの流れ 資格の取得
募集要項 配属までの流れ 資格の取得

qualification

分析のプロを育てるために、徹底的な教育・訓練を実施します

日本原燃分析の社員には化学物質を扱う分析に対する専門的知識や高度なスキルの習得が求められると同時に、安全を最優先に行動する感受性も必要です。日本原燃分析では人間性を重視し、多角的な視野や創造力を持ち、誠実で行動力のある「プロの分析員」を育成するための教育・訓練を徹底的に実施していきます。新入社員研修に始まり、現場に配属された後も必要とされるスキル(技能)の訓練を継続的に実施していきます。

資格の取得

大学院修学支援

社員の自発的な向学意欲に応え、将来の人材育成を図ることを目的に、大学院での修学を通じた視野の拡大、幅広い知識とその展開能力の修得する機会が与えられています。

自己申告制度

現在の職務状況、職場への意見や提案、キャリアプランの希望などを上層部へ申告できる制度です。社員のさらなる能力開発適正配置、職場環境改善などを目的に年1回実施しています。

自己研鑽支援

職務遂行能力や専門知識・技術を高める努力を支援する制度があります。能力開発に要した経費の一部を支援し、国家試験等の合格に係る表彰として祝金が支給されます。

主な資格

  • 放射線取扱主任者
  • 作業環境測定士
  • 危険物取扱者
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 酸素欠乏作業主任者
  • 特定化学物質作業主任者
  • 環境計量士
  • 高圧ガス製造責任者
  • エックス線作業主任者
  • 衛生管理者
  • 有機溶剤作業主任者
  • etc.